• ヒゲ専務の徒然日記
  • リフォームのポイント
  • スタッフブログ
  • イベントルーム栖

スタッフブログ

スタッフブログ


花まつりに参加しました --- [2018-05-25 15:38:47]

先日、お寺の花まつりの接待のお手伝いに初めて参加しました。そもそも、「花まつりって?」感じでお寺に行きましたら、花まつりとはお釈迦様のお誕生日のお祭りという事がわかりました。合わせて出雲三十三番札所巡りも2日間あり、お参りされた方に甘茶等のおもてなしを致しました。本堂の前に設置された花御堂のお釈迦様の像に甘茶を掛けてお参りをされます。この日はお天気も良く沢山の方がお参りされ、午前中はお隣の保育園の子供達も来られました。お釈迦様のお産まれになられた時九頭の龍が甘水を降らせ産湯に使われたのが、像に甘茶を掛ける由来だそうです。お釈迦様の像は右手を天に左手を地に向けておられますが、お産まれになってすぐこのポーズで発せられたお言葉が「天上天下唯我独尊」意味は〜この広い世界のなかで、私たち人間にしかできない尊い使命がある〜だそうです。今まで全く知りませんでしたがさすがお釈迦様、深い意味ですね。(栂)


障がいの有無に関係なくボルダリング --- [2018-05-07 11:12:20]

先日、月一で定例会をしているボルダリングの集まりに参加してきました。
障がいの有無にかかわらず、一緒にボルダリングを楽しむことがコンセプトです。
同じ志を持った集まりは全国各地にありますが、島根を拠点としているココは活動開始からまだ半年ほどです。
新聞やテレビでも何度か取り上げられていることもあり、徐々にメンバーが増えてきました。
現在半数くらいのメンバーが、視えない・視えにくい等の障がいがありますが、メンバー内でうまく声で情報を伝えてサポートします。
今後の活動の盛り上がりを祈りつつ、壁を登り続けました。 晴人


イベント館グランドオープン&春のリフォーム祭り --- [2018-04-16 11:40:29]

顧客の方限定で2月にプレオープンした当社のイベント館。
14日(土)・15日(日)に、広く一般の方も含めての「グランドオープン」と「春のリフォーム祭り」を同時に開催させていただきました。
初日は途中から雨と突風に見舞われて、受付用に設営していたテントを撤収するという悪天候の中沢山のお客様にご来場いただき、本当にありがとうございました!
お陰様で、建物内を見学いただきながら、当初からあったフリマや手作り雑貨販売、マイ箸づくり、キッズコーナーに加え、新たに出店いただいた販売コーナーや手作り体験のワークショップも賑わっていました。
また、募金やひとり一品運動にも皆様からご協力いただき沢山集まりました。本当にありがとうございました。
そして、今回も沢山のお客様からお声かけ頂き、ご縁が繋がりました。
イベントのお手伝いをしていただいた関係業者さんと協力して、お客様のお困り事に対応させていただきますのでよろしくお願いします。
尚、こちらのイベント館はレンタルスペースとしても開放していますので、興味のある方は是非一度見学にご来場下さい。スタッフ一同お待ちしています! 岩田

 

 


我が家のアイドル誕生 --- [2018-04-10 09:17:09]

先月、我が家に待望の第一子、長女が誕生しました!
予定日を11日過ぎての出産となりましたが無事元気に産まれてきてくれました。
出産の方は急遽帝王切開での出産となりましたが、母子共に健康でなによりでした。
泣き声が聞こえた時は本当にホッとしました。出産というのは本当に命がけで、二人とも本当によく頑張ってくれました。
日に日に顔も変わったり、表情や仕草も色々増えたり、日々成長しているんだなと感じます。
小さな身体でとても大きな声で泣き、元気な証拠で何よりです。これからの成長がとても楽しみです!
里帰り出産ということで、少しの間休ませていただいた会社にも本当に感謝です。また一層、仕事との方と子育てを両立して頑張っていきたいと思います!                                                                          川 上

 

 


バラの覚醒&栖クラブ --- [2018-03-28 08:53:20]

 春めいてきた今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 西工務店では眠っていた薔薇たちを復活させるべく、土づくり&寒肥作業を行いました。
 土に栄養を混ぜ込んだり、雑草や石ころの撤去に励んだので、5月頃には華麗な薔薇たちが咲き誇っていることでしょう。
 また、来たるべき「春のリフォームまつり」に先立ち、西工務店協力業者会:栖クラブの方々とイベント館内コミュニティールームにて第一回打ち合わせをしました。
 今度のリフォームまつりは、イベント館グランドオープンも兼ねているので気合いが入ります。
 過去のリフォームまつりには無かった新しい企画にも挑戦する予定ですので、皆様是非ご来場くださいね。(晴人)


姪っ子の誕生のお祝い --- [2018-03-23 09:13:12]

先日、姪っ子が一歳の誕生日を迎えお祝いをしました。
姪っ子は10ケ月頃から歩き始めて今では目が離せないくらい歩き回るのですが、一升餅?(誕生餅?)を背負わせて歩かせようとしたら、流石に重かったらしくて、上手く歩く事が出来なくて、その姿がとても可愛かったです。
今は色んな人から人からご飯やお菓子をもらって、沢山パクパクと食べているので、これからも食べ物には困らないのかな?一緒にお祝い出来て良かったです。                       高 橋

 

 


これで最後の隠岐・・・? --- [2018-03-14 10:37:26]

次男の卒業式で、3月1日に隠岐に行って来ました。前日、出発する時はとても良い天気でしたが、次の日は風が強くなる予報だっったので、無事に帰れるか不安の中出発しました。
3年前の入学の時、初めて隠岐に行き、その後途中でもなんだかんだあって、これで5回目ぐらいなので、島後の方は何がどこに有るなど大体の事は分かるようになり、観光スポットは全て制覇しました。
これで隠岐に行く事も無いかも知れないので、ちょっと寂しい気分になりました。
因みに、3月1日は天気予報通り大風で、フェリーは欠航し帰れませんでした。                 佐 藤

 

 


待ち遠しい春 --- [2018-03-05 09:45:38]

皆さんこんにちは。少しづつ暖かくなってきましたね。
我が家には、サクランボの木が一本あります。
この木は早咲きらしく、毎年3月上旬に蕾をつけ始めて
下旬には満開になります。
今年はも蕾がつき、早いものはもう咲いています。
春が待ち遠しい今日この頃です。             多久和


雪国その名は斐川町 --- [2018-02-23 15:39:35]

まさか去年を超えるほどの大雪に見舞われるとは思いもよらず。
ここは果たして何処の雪国だ、と天を仰がずにはいられませんでした。

2月7日夕方頃のことです。いつもなら仕事場から車で5分の帰路で立ち往生…。とりあえず家まで歩いてスコップを取ってきました。
吐き出す息が見えないほどの猛吹雪の中、疲れた体に鞭打って必死に雪を掻き続けます。「もうこの道封鎖ってことで、車置いて帰っちゃダメかな?」と何度も心折れそうになりました。どのみち雪が融けるまで誰も通れないだろうけどこのままというわけにはいきません。
弱音を押し殺して雪を掻いているとご近所さんに「手を貸してほしい。後でそっちも手伝うから。」と呼ばれました。
そしてまずはご近所さんの車を他のご近所さんとも協力し無事救出できました。
その後は私の車の通り道を皆で雪掻きして頂き、私も雪地獄からの脱出に成功しました。ご近所さんに大感謝です。
それから何とか家に帰ることができました。会社を出てから3時間が経過していました…。


当然のことながら家に帰ってまずすることは、家の周りの雪掻きです。…ナンダコレ。
ここは果たして何処の雪国だ、とまた愚痴りつつなんかもうむしろ楽しくなってきて一心不乱に雪掻きに勤しんだのでした。     純平


「待望のイベント館プレオープン!!」 --- [2018-02-19 14:55:40]

先日、2/17(土)に当社のイベント館がプレオープン致しました。プレオープンのイベントとしてお客様限定で案内をさせて頂きました。皆様に日頃の感謝を込めてぜんざい・豚汁ホットドリンクなどをふるまいゆっくりとイベント館を満喫して頂きました。他にも未完成の壁を左官さんの指導で希望者は珪藻土を塗ったり、外では薪ストーブ用の薪割り体験もありました。壁を自分で塗ったり、薪を割る事はなかなか貴重な体験でしたね。珪藻土は私も塗りましたが、思ったよりずっと難しく力がいる作業でした。2階ではイベント館が出来るまでのストーリー映像も流し皆さんに見て頂きました。先週は出雲市の大寒波の大雪で当日はどうなるのか・・・と心配もしましたが、寒い中たくさんのお客様が来て下さりスタッフ一同喜びました。イベント館にはお客様のお宅から頂いた廃材(レトロガラス・梁)なども再利用しています。4月には一般の方にも、いつものリフォーム祭りで御覧頂く事ができますので是非お越し下さい。(栂)


山陰のお天気に最適なサンルーム --- [2018-02-06 11:38:03]

何時変わるかもわからない空の気まぐれに翻弄されながら、それでも洗濯物は外で干したいと毎日空とにらめっこ。そうなんです、それがここ出雲地方、山陰の地なんです。
朝天気が良かったので外に干してお仕事に、突然空が暗くなったと思えば容赦なく叩きつける雨、せっかく乾きかけた洗濯物もすっかりびしょ濡れに・・・・。そんな皆さんにぴったりなのがサンルームです。これは先日取付させて頂いたお宅のサンルームです。
ご主人と奥様の長年の夢であったサンルーム。雨が降ろうが雪が降ろうが、今までの様に空模様を気にすることもなく洗濯物を乾かせる空間。ご一緒に暮らしていらっしゃるお孫さんは、今まであまりなかったそうですが、学校のお友達を連れてきてサンルームで大はしゃぎ。そんな風に皆さんで使ってもらってるのは施工させて頂いた方もついついうれしくなります。
氷点下を記録しそうな今日この頃、皆さんもサンルームでプチ贅沢気分に浸ってみませんか。   常務

 

 


PCB廃棄物にさようなら --- [2018-01-25 11:42:59]

 西工務店イベント館の誕生を目前に控える今日この頃。
 大きなトラックが社屋の前に駐まりました。
 一見、イベント館の工事にやってきた工事車両のように見えますが違います。
 車体に「PCB」の文字が入っているからです。
 このトラックは、特別管理廃棄物である「PCB廃棄物」の収集運搬車です。...
 PCB(ポリ塩化ビフェニル)とは、人工的に作られた、 油状の化学物質です。化学的に安定した性質を持っていますが、人体への悪影響が明らかになったため、現在では製造が禁止されています。
 そんな危険なPCBを絶縁油としているコンデンサを、安全に処理してくれる施設に運んで貰おうというわけです。
 しかし、なぜそんな過激な代物が西工務店にあったのでしょうか。
 それはとある解体工事を請け負ったら、その現場から発掘されたためです。
 ただのコンデンサにしか見えないソレは、調べてみるとPCBを含んでいることが判明してしまいました。
 それから保健所や島根県の廃棄物対策課を微妙に巻き込んだ手続きが始まり、紆余曲折あった末に無事PCBを、安全に処理できる地へと旅立たせることが出来ました。
 西工務店を出発した時点で、運搬車に搭載されたGPS装置が起動され、衛星からの監視がスタートしました。
 そして長い道のりを経て、処理施設のある市の直前にさしかかった時点で先導車がつきます。万が一PCBが漏れ出るという緊急事態に備える為の車です。

きっと今頃島根から遠く離れた場所で、トラックに揺られながら無害化処理される瞬間を待っていることでしょうね。<晴人>


新年あけましておめでとうございます! --- [2018-01-12 16:44:14]

 新年明けましておめでとうございます!
今年も西工務店をよろしくお願いいたします。
2018年の年賀状には、2月完成のイベント館イメージ写真を印刷しお送りしました。
寒い頃ではありますが、2月中旬にはオープンイベントを行う予定です。
楽しい企画も用意していますので、ぜひ足をお運びください。
 今日も朝から雪、エアコンはついているのになかなか暖まりません。
こんな時すぐあたためてくれる暖房器具が欲しい
特にお風呂前の脱衣室にあればうれしいですね。 
今秋に『ウォールヒート』を注文されたお宅では脱衣室は快適と!
思った以上にあたたかく、とても良かったと言っていただきました。
スイッチを入れるとすぐ暖かくなり 
壁の上部に取り付けるので、つまずくことはないし 
小さい子供がいても大丈夫 
電源があればすぐに取り付けられるのも良いところ 
今からでも脱衣室が寒くて・・・と思っている方は 
ぜひ『ウォールヒート』を検討してみてください。
この冬は脱衣場で寒さにふるえる事はありませんよ。
            児玉
 


備北丘陵公園のイルミネーション --- [2017-12-25 13:57:25]

週末、広島方面に行ったついでに、前から行ってみたかった、国営備北丘陵公園の「ウインターイルミネーション」を見に行きました。
高低差のある広大な丘陵の敷地と樹木を活かして、「花」をテーマに4つのゾーンに分かれていて、約70万球の様々なイルミネーションで飾り付けられていますのでなかなか見ごたえがありました。その中を歩き進めて中間どころに休憩所や飲食出来るところも沢山あり、冷えた体やお腹を満たしてくれます。この日はクリスマス前の土曜日とあって、沢山の家族連れやカップルでごった返していました。
かなり寒いのですが、歩いているうちに体が温まってきますし、電飾された周遊バスも運行していますので、小さいお子さんやペット達もたくさん来ていましたよ。
来年1月8日まで、あと少しの開催となっています。こちらからだと1時間半で行くことが出来ますので興味のある方はぜひ足を運んでみられてはいかがでしょうか。                                岩田

 


文化伝承館のお手伝い --- [2017-12-16 15:10:26]

先日、出雲市の文化伝承館からボランティアを頼まれたのでイベントのお手伝いに行ってきました。
前月にお手伝いした時はあいにくの雨でしたが、この日は快晴です。
今回は出雲市のゆるキャラのお世話係として来場の子供達を迎えました。
そんな中、ふと横を見ると黒いモコモコしたものが居ました。
フレンチロップイヤーの「アキラ君」といって、本来登場する予定だったフォーゲルパークのペンギンさんに変わって参上したウサギらしいです。人気者のゆるキャラ達にとっては天敵です。
そんなこんなで地元のお客さんや、外国からの旅行客を相手にさりげなく和文化を体験していただくのに一役買いました。
今後も出雲市がいろんな形で賑わっていけば良いですね。     <晴人>


西 工務店増築工事 --- [2017-12-06 10:31:20]

ある現場で、家を解体する際に大事に解体し持ち帰った古材を再利用しての増築工事という事で、
私がこの仕事を始めてから数年経ちますが、このように古材で丸太・タイコを使っての建方は初めての経験でした。
持って帰った古材もそのまま使うのではなく、所々細工をしないといけないという事で、ベテランの大工でも頭を抱えながらの墨付け、刻みでした。
私達若手の大工にとっては初めての経験ばかりで、見よう見真似で教わりながらの作業となりました。
そして建て方では、丸太やタイコが組み上がり、建物のカタチになった時に、とても迫力があり、先人の知恵や知識は凄いなと改めて感じさせられました。めったに出来ない経験ができ、この経験を今後の仕事で行かしていけたらいいなと思います!
現在、屋内の方も造作中ですので、2月の完成を楽しみにしておいて下さい!                (川 上)

 


今 年 の 紅 葉 狩 り --- [2017-11-21 10:36:12]

先日の日曜日に広島県に紅葉を見に行きました。
今回見に行った場所は、三次の尾関山公園という小さな公園なのですが、観光バスが何台も来ていて賑わっていました。
ネットで調べていったのですが、評判通りに真っ赤の紅葉の絨毯が一面に広がっていて、とても綺麗でした。
行った日が一番の見頃だったのかも知れません。
がしかし、その三次は雪マークが付いていて予報通り霰がポツポツと降り、とても寒かったので長居は出来ませんでした。
今年はここのスポットしか見に行く事が出来ませんでしたが、来年は計画的に沢山の紅葉を見に行きたいと思います。            (高橋)

 


我が家の駐車場 --- [2017-11-13 10:03:11]

皆さんこんにちは。今回のブログは「我が家の駐車場」について書いてみます。
我が家の子供も大きくなり、来年の春からは次男も車に乗るようになるため、車が4台になるのですが、我が家には駐車スペースが3台分しかない!
もし三男も家を出ずに残ることになったら
二年後には車が5台に! どうしましょうかね?
幸いに我が家の廻りは、両隣がまだ家が建っておらず空き地です。皆が家に残ってくれるのは嬉しいことなんですが、何か手を打たなければ・・・。     ( 多久和 )

 


一畑薬師マラソン --- [2017-11-06 14:01:38]

ここのところは週末に限り悪天候となる日々が続いています。そんな中で、先日は一畑薬師マラソンが開催されてました。
西工務店からは今年は3名出場し、私もその内の一人でした。正直に申しますと、雨天中止をちょこっと期待していましたがなんのその、雨など知ったことかと問題もなく予定変更もなくマラソン大会は行われました。行われてしまいました。

私の他二名は、事務の児玉さん(男性の方)と専務でした。児玉さんはマラソン大会などよく出ていますし、専務は継続的に体づくりをしている方です。対する私は自他ともに認める運動不足状態…約一年スポーツから離れていた身としてはウォーミングアップの時点で「無理だこれ…」状態でした。自分の中で目標が「リタイアしないこと、完走すること」に設定されました。石段1138段上りきれる自信は、あまりありませんでしたが。

どんなに不安がろうと時は残酷で、刻一刻とスタート時間は迫り、とうとう合図がパンッと鳴り響き5km先のゴールに向けて一歩を踏み出しました。
目標が「完走」の私は、去年のようにスタートダッシュをせず、自分のペースを乱すことの無いよう気を付けながら走るようにします。頭の中で音楽を流しながら、木と木の間に見える家々や田んぼを眺めて「いい景色だなぁ」と現実逃避をしながら、順調に抜かれて順位を落としていきました。…なんだかな。
しかしこれが今の自分の実力。悔しいと思ったのなら、地道に鍛えて来年リベンジするしかないのです。

その後抜いたり抜かれたり、やっぱり抜かれたりしながら進むこと幾星霜、ついに1138段の石段が姿を現しました。
見上げることはしません、絶望してしまうので。唯々下を向いて、一段飛ばしで駆け上がることに集中します。
とにかく気を抜かず、悲鳴を上げる脚に喝を入れ、歯を食いしばって一歩また一歩と足を上げる。もう立ち止まりたい、休憩したい気持ちを押し殺し、意地と根性で駆け上がりきりました。

その後は、まさに満身創痍で走ろうとしても足が前に出ません。なんとか歩を進めますが、自分の体と心の限界を垣間見ている気分でした。
そして、なんとか持ち直しているところに後ろから現れたのが、専務(還暦越え)でした。
そのまま抜き去って下さりましたので、最後の力を振り絞って後を追いかけます。それからは抜きつ抜かれつの競争になり、私の体は本当に限界だったようで何度も失速しては駆け出しての繰り返しでした。
最後は専務とほぼ同時ゴール。どちらが先だったかなど確認する余裕はありません。…ゴールの後は眩暈と頭痛がひどく、ホント死ぬかと思っていましたので。
記録されたタイムは39分11秒。順位は145位。    だから何?  知ったことかと  負け惜しむ。心の俳句。

目標だった「完走」を達成して思ったことは、「もう動きたくない」と「来年はもうちょっと楽できるよう運動しよう」でした。
ランニングをしようと思いつつまだ始めていない今日この頃。今日帰ったらランニング、、しようかな。でも雨降ってるしな…うん、雨が上がったらということで。      純平


 隠 岐 の 島  --- [2017-10-18 13:53:28]

次男の進路の事と隠岐水産高校の文化祭が目的で、10月7日〜9日の三日間で隠岐の島に行って来ました。
隠岐の島もこれで三回目。これまでは日帰りやらで、港周辺しか知らなかったのですが、この度2泊するので、堪能しようとレンタカーを借りて定番スポットの壇鏡の港、ローソク島などを回って来ました。
私も田舎暮らしですが、それ以外の自然で、とてものんびり出来てパワーをもらいました。
隠岐水産高校では「水高祭」が開かれ、島民の人から学生の親さんでとてもにぎわっていました。
そこで学生が作った缶詰40個を買って帰りました。これで何があっても10日くらいは持ちそうです。          佐藤

西工務店は斐川町、出雲市、松江市、雲南市で新築を始め増改築・住宅リフォームを手がけています。